FFBE幻影戦争:面白い⁈プレイした感想や評判、魅力をご紹介
大人気作品FFのスマホアプリ「FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONS」 本作ではまだまだ熱が冷めないFFBEの魅力や評判などプレイしてわかったことをご紹介していきますので、今から始めてみようかなと検討中の方は是非判断材料としてご覧くださいね!  
FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONS
FFBE幻影戦争 WAR OF THE VISIONS
開発元:SQUARE ENIX
無料
posted withアプリーチ

FFBEとは

まず始めにFFBEとはどのようなゲームなのかをザックリとご紹介していきます。 本作は、1997年にプレイステーションで発売され高い評価を受けた「FFT(ファイナルファンタジータクティクス)」 2007年にプレイステーションポータブルでリメイクされた作品「FFT (獅子戦争)」 の血筋を継いだ作品となっています。 FFシリーズの高いグラフィックからなる王道ファンタジーとはまた違った魅力を持っており、 覇権争いや身分、裏社会の要素が混じり合って引き起こされる戦乱の世が舞台とされており、暗く重々しい世界観と高いストーリー性が特徴になっております。 わたしも、PSP版の作品では特にのめり込み遊んでいた記憶が新しいです。

FFBE:ストーリー

本作のストーリーとしては 「王位継承や国同士の戦争」を題材にしており、FFシリーズとは違いを見せております。
イベントもクォータービューと言う、斜め上からの視点でフィールド内に挿入されます。 前作をやっている人には懐かしくて好きな感じですが、正シリーズが好きな人やグラフィックを楽しみたい人には物足りなく感じてしまうかもしれませんね、、 しかし、さすがはFFシリーズと言うべきストーリーの重厚さ! プラスしてキャラクターボイス付きなので世界観にはしっかりのめり込めるので、慣れていない人でも徐々に虜になっていくでしょう

FFBE:戦闘

本作の戦闘システムはターン制のタクティクスゲーム 前作のシステムをしっかり受け継いでおり、キャラクターユニットの行動順やフィールドの高低差を活かした戦略を組める戦闘システムは健在です さらに攻撃タイプ攻撃方向属性などの優劣も加わり、より複雑な戦略を楽しむことが可能になりました! 最初は難しいとは思いますが、コツを理解するまで「オートモード」を使用し進行したり、キャラクターユニットの「おまかせ設定」などを活用すればお手軽にプレイすることができるのでラフにプレイすることも可能ですよ ではサクッと概要をご紹介したところでここからはさらなる魅力を細かくご紹介していきます。

FFBE:魅力をご紹介

幅広い戦略が楽しめるタクティカルバトル

本作の戦闘システムは高低差のあるバトルフィールドが特徴的です。
高低差があることによってキャラクターユニットの攻撃や移動が制限され、回り込んだりとフィールドも攻略の戦略として含まなくてはいけない点が非常に面白いです。 例えば、遠距離攻撃が得意なキャラクターは敵に接近されないよう高台に陣取る動きをします。
すると攻撃は高台から広範囲を狙えるかつ、敵がフィールドを攻略するまで攻撃もされないと地の利を活かした戦闘を行えるため地形とキャラクターの得意なことを頭に入れ戦闘を行うと優位に楽しくプレイできます。 そしてFFシリーズの魅力としては、そうですグラフィックですよね!
本作では基本は美麗なものを楽しめる仕様ではありませんが、OPや召喚獣召喚時などは迫力あるムービー演出で楽しむことができるため戦略だけでなくダイナミックな戦闘も楽しめますよ!

ストーリー回想

本作のストーリーパートは、一度見逃したり、もう一度みたいな なんて時のために後からいつでも見返せるよう「ストーリー回想」の機能が実装されております。 ここでは、ストーリーパートだけでなく各種高グラフィックのムービーも閲覧することができるため必見な機能ですよ!

多彩な育成コンテンツでやりこみ度が盛りだくさん

本作の育成コンテンツではキャラクターレベルの他に、装備やアビリティ、召喚獣など様々なものが豊富に用意されています。
1.キャラクターは育成していくことで限界を突破し覚醒させていくことが可能です。
2.アビリティもJPを消費することで、キャラクターごとに決められたアビリティの習得・強化が可能です。 アビリティの習得・性能強化を行なっていくとその分取れる戦略の幅が広がり攻略も優位になっていくためメインで使用するキャラクターは接客的に新しいアビリティを覚えさせ戦闘をさらに面白く奥深いものにしていきましょう!
3.装備は性能の強化を行うことができます。 さらに装備には「装備アビリティ」と言う、装備時のみ発生する追加効果が付与されるためこちらも積極的に強化していきましょう。
4.ビジョンカードの育成は装備することで特殊アビリティパッシブを取得することができます。 このカードを強化していくとキャラクターの強化率が上がるためさらなるパワーアップが見込めます。 このカードはガチャから排出されるため、キャラクターだけでなく強力なビジョンカードの獲得も目指していきましょう!
5.召喚獣は装備することで、ステータスの上昇や召喚獣の所持している召喚魔法を使用することができます。 最大までレベルを上げると覚醒することができ、さらなる強化ができるのでガンガン育てていきましょう。 上記で簡潔ではありますが、育成コンテンツの一部分をご紹介いたしました。 みてお分かりのとおり、とてつもなく育成に必要なアイテム数が必要であったりと面白い反面育成にかかる労力も相当なもの じっくりプレイしていくのが好きな人には無料でもレアアイテムを集めていくことは可能ですが、サクッと育成し難しいクエストに臨みたい人にはオススメの課金要素があるのでそちらもご紹介していきますね

課金するなら?オススメ課金要素

本作ではガチャを回す意外にもレアアイテムの入手など課金のメリットが沢山あります。 ですので今回ご紹介していくパックは石とアイテム総合的にみたオススメをご紹介します。
  ユニット覚醒パック  
  • 価格:4,900円
  • 有償幻導石:2,450個
  • 覚醒輝源×100 選択召喚券×1
  • 虹の想いの欠片×3
  覚醒時に必要なアイテムを大量に入手することができるので、育成するキャラクターが決まっている人はこのパックがとてもオススメです。
 

FFBE:口コミ紹介

ソシャゲとしては神作

ソシャゲとしては神作だと思います! このゲームはそこそこの時間でコツコツやっていけるので、時間がある人にとってはサブゲームとしても重宝できますよ
無課金なのに欲しかった最強キャラ5体中3体もGETできガチャ排出率は意外と悪くないよ! 評価さがる原因のメンテ延長はFFシリーズをプレイしていたらよくあることで慣れているので気にしません!
世界観、物語、FFbeオリジナルキャラのデザイン、BGMこれら全てが素晴らしい 家庭用ゲーム機でもだしてほしいくらいです!
ストーリー自体は別に長くてもいいが会話が長い! サクサク進んで欲しいのに時間がかかるからほぼスキップしてる。
いい口コミとしてはトータルの完成度がとても高く満足している と言う意見が非常に多かったです。 FFTシリーズのいいところをそのままモバイル版にも適用させれていると思うので、じっくりプレイするのが好きな人にはしっかりフィットし高評価を得ているのかな。と思います! また、イマイチな口コミとしては、サクサクと進行できない と言う意見が多かったです。 確かに本作は、近年のスマホアプリとして特徴的な「隙間時間でサクッとプレイできる」と言う点に欠けているのは感じています。 と言うのも、非常に作り込まれたストーリーがサクッとプレイするには向いておらずその点としての評価が稼げていないのかなといった印象です。 時間がなくサクッとプレイするのが好きな方には向いていないのかなと思いますよ。

FFBE:感想まとめ

以上、FFBEの評判や魅力まとめでした。 FFシリーズの作り込まれた作品をスマホでも体験できるゲームとなっており、じっくりプレイするのが好きな方には非常に好まれる作品かなと思います。 わたしの魅力や口コミを参考にしつつ、少しでも引かれた方は是非一度ダウンロードし重厚な世界観・ストーリーを楽しんでくださいね!
おすすめの記事