メダロットS:待望のシリーズ初アプリ化!面白いのか感想をまとめる

まず知らない世代の方のために「メダロット」とは

1997年に漫画、ゲーム、アニメで人気を得ていたロボットシリーズ作品です。

本記事では、そんなメダロット が初のスマホアプリとなって登場したので、プレイした感想や、知らなくても楽しめるのか?をまとめていきます。

また、過去シリーズのメダロットも登場するので、ファンの方も必見ですよ!

メダロットを詳しく紹介

1997年にイマジニア株式会社から発売されたメダロット。

1996年発売のポケモンで有名になった『バージョン商法』で最初から販売されており、初代は「カブトver」「クワガタver」という2パターンが存在。

シリーズ合計9作品が発売され、出荷本数も合計330万本を売り上げた人気作品でした。

”メダロット ”とは、メダルロボットの略でコアとなるメダル、頭・右腕・左腕・脚の4パーツを、骨子であるティンペットに装着することで起動する人型ロボットのことである

5つのパーツを自由に組み合わせ、戦わせる

これに当時非常にハマっていましたね。

メダロットSの内容紹介

ではここから本作のゲームの内容を紹介していきます。

あらすじとしては主人公のアラセ君がメダロット を譲り受けるところから始まります。

そこからメダリンピック優勝を目指しロボットファイトにのめり込んでいく

というメダロット では馴染みのシンプルな物語です

また、シリーズ作主人公とのやりとりも見られるため、ファンからすると熱いものがありますよ!

昔からのファンであれば受け入れるのも容易かと思いますが、ストーリー進行の際のボイスなどはなく、UIも当時の懐かしい感じのままでした。

新規ユーザーの方はこの辺をクリアできれば、とても面白く遊べると思います。

バトルシステム

本作のバトル方式は

  • 最大3対3のメダロットを選択
  • 頭・右腕・左腕のパーツから使用したい武器を選択
  • 中央に向かって移動し、中央に辿り着いたものから攻撃
  • リーダーの頭部を破壊したプレイヤーの勝ち

とシンプルなシステムです。

ロボットごとの速度で攻撃の先制を取れるかが決まります。

また、部位ごとに攻撃し破壊することで以下のような効果が得られます。

  • :破壊で戦闘不能
  • :攻撃を一部封じる
  • :移動速度の低下

が得られるので、部位ごとに

破壊しバトルを優位にしていきましょう!

シリーズと比較すると当たり前ですがグラフィックの向上がすごい、、

そして遊びやすく「倍速機能」や「AUTO機能」も搭載されていました。

育成コンテンツは従来より充実している

メダロット の最大の魅力であり、特徴であるメダロット のカスタマイズ

純正のパーツで戦うもよし、パーツごとに効果の違うパーツを組み合わせて戦うもよしと戦略を考えると非常に奥深いですよ。

育成

これまでのシリーズでは育成といえばメダルの強化がメインでした。

今作では、メダル強化の他にも、パーツやキャラの強化が行えるようになりました!

ですので、レアリティの低いパーツでも強化と効果次第では全然使用ができるようになったのは嬉しいところですね。

ガチャを回して強くなろう

まずチュートリアルガチャでは最高レアリティのメダロット5体の中から選ぶことができます。

リセマラしなくても5体の中から選択できるため、推しキャラクターが出やすいですよ!

こんな感じで出現し、私は推しのロクショウを入手することができました〜!

ガチャではパーツ一式と個別パーツの2種で分かれ、星3メダロット一式の排出率は3%星3メダロットパーツの排出率17%と最高レアリティの排出率は悪くはありませんよ!

ガチャを回し、カスタマイズして戦いを優位に進めていきましょう!

メダロットSの感想まとめ

以上がメダロットSのプレイしてみた感想とゲーム内容紹介でした!

ファンの方にはバトルシステムやストーリーの懐かしさはそのままに、グラフィックの向上や育成面などの幅広さが追加されより楽しめるものとなりました。

新規ユーザーにも、分かりやすいストーリーや、バトルシステム

最近のゲームではあまり見られない、やや古さを残した仕様がツボに入る人やロボット好きにはハマっていくゲームだと思います。

3月上旬からはメダリーグという大型コンテンツが予定されているため、今のうちから初めて育成しておきメダリーグに挑みましょう!

メダロットS ~ロボットバトルRPG~
メダロットS ~ロボットバトルRPG~
開発元:Imagineer Co.,Ltd.
無料
posted withアプリーチ
おすすめの記事